膝の痛み

正座ができるようになりました

茶道と言えば正座、正座といえば茶道くらいに考えている方は多いのでしょう。
事実として、現代の茶道においては専ら正座を基本姿勢として形式を組んでいます。
もちろん、私も茶道に生きる者として正座は心得ているつもりでした。

 

ところが最近、膝の調子が芳しくないのか数分も姿勢を維持できなくなりました。
一過性のものであれば良いのですが、長期化すると仕事に障るので早急に解決すべく整体を利用することに相成りました。

 

正座に苦労する理由は、数え上げれば多いのかもしれませんが私の場合は膝でした。
やはり歩行時、特に階段の昇降時は自由が効かなくなるかもしれない不安とストレスが付き纏います。
歳を考えると已むを得ないのかもしれませんが、出来れば解決を目指したいです。

 

 

初診は軽い処置をしただけでしたが、それでも気持ち的には楽になった気がします。
何とか正座は維持できるようになったので、とりあえず今は様子見の段階でしょうか。

 

元々、正座を長く続ける生活を続けていた甲斐もあって姿勢の取り方は心得ています。
少なくとも茶道で数時間の正座を継続させる事はないので、根本の問題解決をすれば良かったのでしょう。
ただ、完全に膝の不安が解消された訳ではなく何度かは整体に通う必要がありそうです。

 

 

正座をするということもそうですが、立ったり座ったりの途中の過程が非常に辛いのです。
改善されているかどうかは痛みの軽減でよくわかります。足のしびれ
少なくとも私の問題は解決されつつあるので、その部分に限定して言えば効果はありました。